カコログ!

絵師カコのiTunesと音楽中心メモ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・解決。iTunesがダウンロードできない件

ここを覗いてくれる人の大半が「iTunes ダウンロードできない」で検索してここを見つけてくれたみたいなので、また書こうかなと思う。

前も書いたことだけど、WinでのiTunesのヴァージョンアップの際、
http://www.apple.com/jp/itunes/download/を開いたときにダウンロードボタンを含む内容が水色になって表示されないという問題が起きる場合がある。
その場合、前はQuicktimeをダウンロードする方法を書いた、が、単純に最近は、米サイトの同内容ページで解決する(ようだよ)。
http://www.apple.com/itunes/download/ここだっ。水色の部分の内容がちゃんと表示されるはず。
英語だけどそんなに難しくないと思う。
メールアドレスを聞かれるのでそれを入力、あとはWinのお使いのほうを選択して、ダウンロードを開始しよう。その時もちろん、そこからの「ポップアップ表示を許可」しておくほうがいいかも。

The Morning After

「ポセイドン・アドベンチャー」という映画をご存知だろうか。70年代、いわゆるパニック映画が大流行した時の代表作品で、豪華客船ポセイドンの沈没から生存者の脱出までの死と隣り合わせの冒険を描いた大作映画。
この映画で、まだ船が危機に陥る前、豪華なパーティーのシーンがあるんだけど、そこで曲を披露する若いバンドがいる。70年代当時流行した雰囲気のフォークグループとでも言えばいいのかな・・・。ソフトロックとも言えるかな・・・サイケ時代を引きずった。
夜をじっとやりすごせるなら
陽の光を見るチャンスはある
灯りを探し続けよう
私たち一緒に橋を渡るのよ
暖かく安らげる場所へと
まだ遅くない 手を差し伸べよう 
愛あればこそ 這い上がれる
まだ遅くない 命尽きた後でも
間に合ううちに手を差し出そう
岸に近付いてきた
明日にはきっとたどり着く
そして闇から抜け出すの
もう探さなくて済むのよ

みたいな歌詞だ(大体)。
物語ではこれを歌う少女がこの後大きな役を担うことになるんだけど、それがなくてもこの歌のシーンが誰の目にも強烈に印象に残るのではないかと思う。

案の定、この曲は作詞作曲で72年のアカデミー賞歌曲賞を受賞した。歌っているのは映画に登場する女性ではないようで、当時のヒットメイカー、モーリン・マクガヴァン(Maureen McGovern)と言う。
向こうではアカデミー賞を受賞する大ヒットだったにも関わらず、日本では忘れ去られている気がする。
けど、根性で着メロも見つけた。「ポセイドン・アドベンチャー」で検索しても大抵はテーマ曲しかないのだが、「超シネマミュージック」という着メロサイトにはこの曲もあるのよね。
そしてiTunesMusicStoreは、やっぱり日本のStoreにはないんだけどUSAにはあった。

さっそく、残額が0.10ドルしかなくなってたギフトカードを新しいのを買ってリジュームし、曲を購入。海外Store用のギフトカード(iTunes Gift Certificate)はhttp://www.bassontop.co.jp/itunes.htmlで買えるというような話は前も書いたとおり

この歌を聴くと涙が溢れてくる。
私は昔のこういう曲の独特のコード進行が大好き。感動するし高揚する。けど、コード進行云々以上の何かがある。
何だろう・・・。
この映画を見たのは恐らく73年。それから80年になるまでの70年代はちょうど少女時代に当たる時期で、夢ばかり見ていた時代。いろんな夢を一日中見ていた。原宿ってどんな所だろうとか(笑)
80年になってそうした夢に手が届き始める。
だから、70年代の曲を聴くと、70年代のことよりも80年前後のキラキラの記憶が、感覚そのものになって蘇るような気もする。

岸に近付いてきた
明日にはきっとたどり着く
そして闇から抜け出すの
もう探さなくて済むのよ

・・・貴方へ。

やっとスッキリ

テレビ東京の昼頃の海外ドラマは大昔から面白い。いまだに頭にくるのが「ソープ」だ。パパが宇宙人にさらわれて行ってしまった所で突然終了。果たしてあれでソープそのものが打ち切りだったのかそれともTV東京では打ち切りだったということなのか、未だにわからん。
最近また「特攻野郎Aチーム」をやっていて、ボーイジョージ(カルチャークラブ)がゲスト出演する回は事前に判ったら録画しようなんて思っていたけど、なんかあっさり(という感じで)終わっちゃった。
そしていつの間にか「CSIマイアミ」とかいうのが始まってた。

この時間帯、決して落ち着いてTVに食いついてるわけではない。何となくTVがついてて何となく見てるような音声だけ聞いてるような、そんな感じ。

それで毎回気になっていたのが、終わりにかかる主題歌(っていうの?テーマ曲)なのよねえ。
「ん!」と毎回思う。
知ってる曲。物凄く古いロック。絶対知ってる曲、なのに知ってた時代が古すぎて全く思い出せない。何だっけ・・・なんだこの曲・・・・
と、毎日毎日思うくせにすぐ忘れちゃって、調べもしなかった。

が。ついに判明。
フーか!
何だそうか!The Whoだったか!・・・しかしこの時代の曲によくあるワナにかかった。そう、邦題。
「無法の世界」
・・・なんだそれは・・・・・・・・。
「無法の世界」が「Won't Get Fooled Again」だと判るまで意外とかかった(呪)
それにしても、なんでこの時代の曲には全く意味の違う邦題がついているんだろう。そのことで思い出すのはクイーンの「誘惑のロックンロール」と「炎のロックンロール」。何でか判らないけどこの二つ。しかも、この二つのどちらかが「Keep Yourself Alive」のことだったなあという事しか判らない・・・。

話を戻すけど。。。
「無法の世界」が「Won't Get Fooled Again」だと判ったのはいいけど、iTunesMusicStoreでサクッとゲットしておくつもりが、さらなる問題にぶつかった。
一体いくつあるのよヴァージョンがっ。これも古い曲には意外と多く見られる問題。あのTVで流れてるのは、どれなのよ・・・何で「Original Version」が2種類あるんだ??
とりあえずオリジナルと称するものをゲットしてみたけど、やはり違った。TVで流れるヴァージョンは独自に編集されてる、ということもあり得るのかな?

80'sDiscoミックスはいかが?

ポッドキャストは終わってしまったけど、サイトにMP3ファイルとして膨大な量のディスコミックスを置いているとこがある。Alldisco.netがそれだっ。
内容はレトロディスコって感じというか、80'sダンスクラシックス。と言ってもダンスと言えない曲がBPM無視で入ってくることもしばしば・・・それもまた、いかにも80'sディスコ。まあ、当時をオンタイムで知らないと判らないだろうけど、そんな風でしたよ当時はディスコなんてもんは・・・。ファンクよりいわゆるニューウェーブの趣のほうが強いかも。それもまた、いかにも80年代風。
一本が1時間前後あってMP3としては70MB前後と重い。けど、何たって無料は魅力。無料でiPodがいっぱいに出来るほどの音がダウンロードできちゃうのは、やっぱり魅力。
カコがダウンロードした限りではウィルスとかもくっついてませんでした。

AllDisco Live Mixのプレイリスト/オーディオのコーナーにダウンロードできるファイルがいっくらでもあり。
ラジオ感覚でだらだらと流しておくのがなかなかいい感じ。
「ALLDISCOは終了しました。応援ありがとうございました」とあるこのサイト、いつなくなっちゃうか判らないおもむき。。。今のうちかもしれません。

おすすめハウスのポッドキャスト

ハウスmixのポッドキャスト、意外といいのがなく、いいなと思うとすぐ更新終了していたりする。が。そんな中でちょっといいのを発見。
ここの更新をサボっていたせいもあって少し古いニュースになってしまったけど・・・Defected Recordsがポッドキャストの配信を開始
iTunesMusicStoreでPodcastを「DEFECTED IN THE HOUSE」で検索するか、またはiTunes以外のソフトでURLを直接登録するんだったら
http://www.defected.com/podcast/Defected_podcast_trailer_Text.xml
かなぁ・・・・?
先月末に配信された予告編は30秒、今月始めに配信の第一回目のエピソードは30分程度と長さもお手軽な感じでオススメ。ハウス好きには30分はちょっと物足りないけどネ!

普通の世界へ

もう普通の世界に戻って、人生を続けなければ。

そんな感じだと思ったけど、どうだろう。DuranDuranが92年だか93年かその辺に出したアルバムに入っていた「Ordinary World」という、ちょっと一般に流行った曲があった。当時DuranDuranがDuranDuranとしてアルバムを出したことで、ちょっとした話題になったと記憶している。

私が全てを捨てなければならなかった頃。

元々縁のなかったはずのもの、運命に逆らってしがみついてきた何かというものは、後で思えばかなりの初期から嫌な感じを伴い、何かにつけて壁に当たるような感覚があったというものだ。そういうものは努力を繰り返して年月の重みで何とかなってゆくように見えたとしても、未練があろうと無かろうと、捨てるしかなくなる時が必ず来る。

もう過ぎた日に泣いてすがるのはやめにしなければ。
普通の世界が広がっている。
生きて行くために、思い知らなければ。

それが例えばDJ EMMAと私を、例えば小町渉と私を、人生の勝者と敗者に分けた。
それでも私は間違ってはいなかったし、それしか取るべき道はなかったのだと思っている。ゼロに戻るしかなかった。それが私にとって一番の、いや唯一の、幸福への選択肢だったのだと今も感じる。

93年の夏が、ロングスリーブに上着の手放せる日が数日間しかないほどの冷夏だったことを覚えている人はいるだろうか。連日の雨。この世の終わりのようだったあの夏のことを、この曲を聴くたびに思い出す。
今日のように中途半端に寒く、雨の降る日には、実感を伴って思い出される。

愛する者よ、貴方は今、あの頃の私と同じ場所に立っている。
私は恐らく貴方の数倍の長さの人生を生きている。でなければ、貴方のそばにはこんなに揺るがずに留まってはいられなかったろう。
あの頃の私は孤独だった。
けれど貴方には今、私がいる。
そのことの意味を、私を失うことで思い知るのだけは、避けて欲しいと願っている。
今、あの頃切り捨てなければならなかったものが、やんわりと私を包囲し始めている。貴方に捨てられるであろう私を受け止める準備が始まったかのようにそれは遠巻きにではあれ私の世界に戻って来ようとしている。
けれどそれでも私は貴方との孤独を選ぶ。これこそが愛という物なのだろうと今では思う。この私の詭弁を、貴方は憎む。それでも私には判っている、貴方が貴方のために本来選択すべき物が何であるのかが。そのためには私は自分自身の選択の余地を捨てる。たとえ貴方がこの先の選択を間違うとしても。
それが愛という物なのだと今は解った気がしている。

京都で買ったCDを聴く。

ずうっと自分の管理するサイトの更新中。最初はiTunesで音楽を聴きながらやってたんだけど、画像いじったりしてると、このおんぼろ(新品なのに。泣)パソコンには荷が重いみたいだから、音なしでやってた。でもやっぱり寂しい
大体最近は何かと寂しいしサイトの更新が終わっちゃったら終わっちゃうんじゃないかとか(←)サイトの更新みたいな頭使う作業でも、意外といろいろ雑念が飛び交って、考えちゃうものだわね
というわけで昨日からCDを普通にオーディオで聴いてます

久々に聴いたのは、この二枚組み。

イビサもののDJミックス。Roger SanchezがPACHAでやってるヤツらしい。今はもう何作か出してるみたいだけどこれは2002で、新譜で出てる頃に京都のRiversideというお店で買ったもの。
このお店のサイトは多分、ココ。→http://www.riverside-records.co.jp/
昔から京都に行くと行ってたお店、なのかどうか判らないんだけど昔もその場所?にそういうお店があって、Neutron9000の最初のアルバムなんかは91年にそこで買ったのよね。同じお店かどうか判らないけど・・・。
年明けだったと思う。まだ街がお正月セールをやってた。Riversideに行くとこのCDがかかってて、今かかってるのをくれと言って買ってきた。
とにかく久し振りに聴くといいワ。
暫く聴いてると多分飽きちゃうんだけど(^_^;)

音楽Podcastでマッタリ

疲れた・・・。
ポッドキャストは更新されたら自動的にダウンロードする設定のまま、最近全然聴いてなかった。それが古いエピソードも保持する設定にしておいたらどんどん増えるので、ファイルサイズが負担になってきた。
特にDJミックスモノ・・・海外から拾ってきた物ばかりなんだけど、ディープハウス・プログレッシヴハウス系のこれは一回のエピソードが1時間前後でファイルとしてかなり大きい。だから聴いて捨てちゃえ、と思って昨日から聴いてるんだけど・・
逆にはまっちゃいました(^_^;)

GLOBAL HOUSE CONNECTIONというのだ。サイトはココ。
http://www.globalhouseconnection.com/

で「購読」するには下のリンクをコピペしろというのだが、
http://feeds.feedburner.com/ghc

こっちがいいのかも。
http://globalhouseconnection.com/ghc.rss

どうも去年の11月から更新されてないからまだ古いエピソードが配信されてるかどうかは不明。でも、ずっと流してるのには最適!邪魔にもならないし、時々ドラマチック、時々空気のようで、これはオススメ。

Lisa Shaw "CHERRY"がiTunedMusicStoreに!

サイトの何ヶ月ぶりの更新などしてたらあっという間に一週間以上経っちゃった(←絵文字を使うことを覚えたデス)
その間のことになるけど、以前日本のiTunedMusicStoreにはなくてアメリカのiTunedMusicStoreから購入するために苦労した話をここでも書いた、Lisa Shawのソロ作品「CHERRY」が、ついに日本のStoreにリストアップされてるのを確認
しかもEPもちゃんとある
ということで早速、リミックス2曲ゲットです。

Cherry (Eric’s 5RW Remix)
Cherry (Jay's Nude Vocal)

この2曲ねJay's Nude Vocalがすごくイイわあ。ドリーミーでっそういうのが私にとってのCHERRYなのよね
私のおすすめはJay's Nude Vocal Mix。あとオーソドックスだけどMiguel MigsのMixかな。「Cherry (Miguel Migs Salted Vocal Remix)」というの。いかにもMiguel Migs。なんだけど冒険がない分いいと思う。

お正月もSOUL!

引き続きこれまでの話を・・・。
年が明けて、1日の深夜、寝たり起きたりしながら何となくTVをつけてたら「ブリジットジョーンズの日記」をやってた。ヒュー・グラントが出てるのを見て、そうつまらない映画でもないのかもと思い、何となく見始めたんだけど。。。何より惹かれたのが音楽。冒頭で、昔流行った哀しい歌(Harry Nilssonの「Without You」)をBGMに、一人ぼっちの部屋でたそがれた中年女が惨めな様子で出てくる、と、思いきや、その歌に合わせて熱唱する様子を一人で演じだす。うまく言えないけど。要するに声は出してないのね。今話題のエアギターのボーカル版、エアボーカルってヤツ(笑)。これを見て「あらコメディーなのね」と思い、見ることに・・・。
とはいえ、見飽きた「アリーマイラブ」風な感じと「そんなんじゃこういう目にあっても仕方ないでしょ」的なヒロインのモテナイ女ぶりにちょっと辟易して、うとうとしていたら、流れ出したSOULの曲にノックアウト。
ちょうど、アメリカのiTunesMusicStoreのギフト券の残額が残ってて、でももう欲しい曲が思い浮かばず困っていたところ。
ああ超有名な曲だわと思いつつも、そういうのに限って誰の曲かとか正確なタイトルが判らなかったりするものなのよね。ちょっと前もKool&TheGangの「Joanna」を買おうと思い立ったのが運の尽き、誰の曲か知らず曲名もずっと「ロザンナ」だと思い込んでいたために(なにっ)随分苦労した私だった。。。
そこで寝ぼけながらもサビの歌詞をしっかり暗記。「うんこれは確実だわAin't...これならよく聞く言い回しだしきっとタイトルだろうしバッチリ」と思いながら、そのまま寝ちゃった。
すると。起きてみたら「Ain't」の後が全く思い出せないではないか(ーー;)
Ain't Noなんとかっていう言い方だったな。うん。と思ってStoreで曲名「ain't no」でジャンルを「R&B/Soul」で検索してみると、・・なかなかピンと来るのが出てこない。Ain't No Sunshine・・・The Emotions、これかなあ、うんこれっぽい。そう思って念のためAmazonで試聴してみると・・・ちが~う!!!全然違う。
そこまで来てやっと、サントラを調べるという知恵を得た(苦笑)
「ブリジットジョーンズの日記」には何種類かのサントラがあるのね。「Ain't」だけは判ってるからとにかく探したところ、「2」というサントラにようやく発見!
なあんだ・・・ダイアナロスかあ。
Ain't No Mountain High Enoughでした。サンシャインじゃなくてマウンテンだったわ(^_^;)
これがまた、ダイアナロスの曲の中に何種類かあるのだった。とりあえずロングヴァージョンを購入。理由は、長い分得した気分だから(爆)
でもやっぱり映画で聞いたのと感じが違う。ということで結局普通ヴァージョンも日本のStoreから購入。
ついでに、最近の無料ダウンロードでヒットだったJaguar Wrightの「Let Me Be The One」と、計3曲を聞き続けるお正月でした。

«  | HOME |  »





カコのおすすめポッドキャストが聴けるヨ!



Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

カコ

カコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。