カコログ!

絵師カコのiTunesと音楽中心メモ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新iTunes7.0.1

今日iTunesを立ち上げたら、最新ヴァージョンにアップデートできるというお知らせダイアログボックスが出た。

ん~もう新ヴァージョン?こないだ7をダウンロードしたばっかりのような気がするが・・・ヴァージョンは7.0.1だとのこと。調べてみると今使ってるのは7.0.0だった。
で、さっそくダイアログボックスで、今すぐダウンロードするほうを選択してみた。

今回はダイレクトに米アップル社のサイト内のダウンロードページに繋がった!なので重要な部分が表示されないという問題もなく、サクッとダウンロード開始。。。

でも、どうなんだろう・・・現在私のiTunesはアメリカのアカウントでサインインしている状態だから、アメリカのサイトにダイレクトに飛べたんだろうか。日本のアカウントでサインインしている状態だと前と同じだろうか。
スポンサーサイト

続・解決。iTunesがダウンロードできない件

ここを覗いてくれる人の大半が「iTunes ダウンロードできない」で検索してここを見つけてくれたみたいなので、また書こうかなと思う。

前も書いたことだけど、WinでのiTunesのヴァージョンアップの際、
http://www.apple.com/jp/itunes/download/を開いたときにダウンロードボタンを含む内容が水色になって表示されないという問題が起きる場合がある。
その場合、前はQuicktimeをダウンロードする方法を書いた、が、単純に最近は、米サイトの同内容ページで解決する(ようだよ)。
http://www.apple.com/itunes/download/ここだっ。水色の部分の内容がちゃんと表示されるはず。
英語だけどそんなに難しくないと思う。
メールアドレスを聞かれるのでそれを入力、あとはWinのお使いのほうを選択して、ダウンロードを開始しよう。その時もちろん、そこからの「ポップアップ表示を許可」しておくほうがいいかも。

Lisa Shaw "CHERRY"がiTunedMusicStoreに!

サイトの何ヶ月ぶりの更新などしてたらあっという間に一週間以上経っちゃった(←絵文字を使うことを覚えたデス)
その間のことになるけど、以前日本のiTunedMusicStoreにはなくてアメリカのiTunedMusicStoreから購入するために苦労した話をここでも書いた、Lisa Shawのソロ作品「CHERRY」が、ついに日本のStoreにリストアップされてるのを確認
しかもEPもちゃんとある
ということで早速、リミックス2曲ゲットです。

Cherry (Eric’s 5RW Remix)
Cherry (Jay's Nude Vocal)

この2曲ねJay's Nude Vocalがすごくイイわあ。ドリーミーでっそういうのが私にとってのCHERRYなのよね
私のおすすめはJay's Nude Vocal Mix。あとオーソドックスだけどMiguel MigsのMixかな。「Cherry (Miguel Migs Salted Vocal Remix)」というの。いかにもMiguel Migs。なんだけど冒険がない分いいと思う。

解決!USAのiTunes Music Storeで買物

いや~やっぱり解決策はどこかしらにあるものね!
海外のiTunes Music Storeでしか売ってない曲が多すぎて頭にきていたけど、同じ思いの人は多いらしく。とっくに?解決策を考えた業者がいたようで。

問題は二つなのだ。一つはPayPalなりクレジットカードなりの決済手段に使われている口座がその国の金融機関になきゃならないこと。もう一つは、その国での住所と電話番号

とにかくこの最初の一つを解決する方法はあった。USAならUSAのギフトカード(プリペイドカード?)を手に入れること。これが手に入る所があった。ここだっ。なんか怪しいなあと思う人は銀行振込決済で一番安いのを買うとリスクが最小でいいんじゃないかな。私はさんざん石橋を叩きつつ認証方法が安全と見てクレジットで買ったけど、とにかくモノはちゃんと使えるホンモノが手に入ったから大丈夫。ちなみにモノは先方が決済完了を確認次第メールで送られてくる。要するに認証コード。

そしてこのギフトカード(Gift Certificate)の認証コードを手に入れてから、USAのアカウントを作る。これがコツ。そうすると決済手段の入力が必要ないから、最初の問題が解決するわけだ。
決済手段の入力無しでアカウントを作るには、
1.まずUSAのiTunes Music Storeにアクセス(iTunesを起動してMusic Storeにアクセスし、下部の「国を選ぶ」で「米国」を選択)
2.左欄の「Account」で「Gift Certificate」をクリック。
3.「Redeem」をクリック
4.ここで、入手したコードを入れる。入れて「Redeem」をクリック
5.そうするとサインインを要求されると思う(違ったか???)ので「新規アカウントの作成」(←Create A New Accountとかいう英語かもしれない)をクリック。
そうすると新規アカウント作成画面に入れる。

でもアカウント作成の時点で問題になってくるのは住所と電話番号。これを先に考える必要がある。「考える」必要がある。「考える」のよ。解るでしょう?(笑)

で、どこかのアドバイスによれば、ニューヨークに住所を持つのが一番無難だという。州によってはいろいろあって曲あたりの料金が変わってきてしまうんだって。

ということで住所と電話番号記入の際のヒントを書いておこう。
住所は多くの公共機関でもそうだけど、P.O.Box(私書箱)で構わない。例えば、P.O.Box XXX(番号), New Hyde Park とか・・・ちなみにこの場合、「New Hyde Park」をまた「CITY」欄に記入することになる。州は勿論、NY(New York)。この住所の場合のPostCodeは11040。電話番号は、
ニューヨークの局番は212で、あとは423-XXXXとか入力するわけだわ。

そうそうもう一つ。AppleIDに使うメールアドレスは、日本のAppleIDに使ってしまったアドレスはもう使えないし、無料ウェブメールも使えないが、例えばHotmailなら使える。

これでお買物が出来るというわけ。
残額があれば次回からはこのAppleIDでサインインすればUSAのストアでお買物ができる。
で、さっそく私が買ったのは、
Lisa Shaw "Cherry" -Cherry
Lisa Shaw "Cherry(Miguel Migs Salted Vocal Remix)" -Cherry (Remixes) EP
Mötley Crüe & Chester Bennington "Home Sweet Home (Featuring Chester Bennington)" -Home Sweet Home -Single
The Subways "Rock & Roll Queen" -Rock & Roll Queen (Music from The OC Mix 5) - Single

全部、日本のストアじゃ手に入らないもの。
最後のThe Subways "Rock & Roll Queen"は無料曲。これだってアカウントなしじゃ手に入らない。なかなか気に入ったから、これも入れたこの4曲を今はリピート!
やったあ!\(^o^)/

画像はiTunesMusicStoreやeMusicなどの音楽配信サイトでしか手に入らないMotley CrueとChester Bennington(Linkin Park)によるチャリティー版「Home Sweet Home」のジャケット(っていうのも変か?)。
売り上げは全額、ハリケーン「カトリーナ」の被害者救済に当てられる。

HomeSweetHome

iTunes6ダウンロードで新たなるドタバタ

言われもしないのにアップデートすると危険なのかな?
iTunes起動時に別に何も通知が出なかったんだけど、ニュースレターにiTunes6が出たと書いてあったので、サイトを見てみると、確かにあった。ん~QuickTimeは7のままか・・・だからダイアログが出なかったのかな、なあんて思いつつも、前の通り、QuickTimeのダウンロード画面に行くとちゃんと「...+iTunes6」となってるし、そのままダウンロードしようとしたところ・・・
ん~??・・・なんかが変わってる。
前はQuickTimeとiTunesは別々のファイルとして二つダウンロード表示が出たのに、今度はiTunesと表記のある一つだけ。
しかも。
前は一旦ポップアップブロックでダウンロードがブロックされたのに、今度はスッと出た。
しかもしかも。
それに加えて何かがブロックされた。ダウンロードを許可してみると、
何?????
同じものじゃないか。違うのか???名前が同じだよ????
と思って、どっちだか忘れたけど一方は閉じちゃった。

そうしてまたまたウチのスローPCでダウンロードすること1時間半。
ようやく終わってインストールの段になると、なるほどね、今度はQuickTimeとiTunes、一緒になってるらしい。
両方のインストールが正常に終わり、晴れてiTunesを開こうとした。
ら。
・・・「QuickTime7.0.2がインストールされています。iTunes6の起動にはQuickTime7.0.3が必要です。iTunesを再ダウンロードしてください
というような警告が出て開かなかった!!!!!
え~困った。
再ダウンロードったって・・・もう一度ダウンロードしようとしたって、もうダウンロードしてあるわけで、修復か、削除かを選ぶのである。
修復を選んでみる。
だめだ~
再度ダウンロードをクリックして同じダイアログを出す。
削除を選択。
あ~~~~~消えてゆく私の1時間半(T_T)

でもQuickTimeは残ってる。へえ何で?
そうだ、ヴァージョン見てみよう、と思った。見てみたら。
え~~~~~!?7.0.3じゃん!!!!これでいいんじゃん!
これは・・・おかしい。そう思って、アメリカのサイトからiTunesをダウンロードし直すことにした。念のため直接QuickTimeのページには行かず、サポートページで最近のソフトウェアの欄からQuickTime7.0.3のダウンロードを選択する。どうせ同じページに行くんだけど・・・
で、ダウンロードをクリック・・・・
始まった。最初からダウンロードが。ところが、また出てる、別のダイアログ。ダウンロードは続けたまま、それをいじってみた。すると普通にインストール画面に。iTunesがインストールされた。
起動してみる。
あっちゃ~できたよ!!!!!
ダウンロード中のものは何なんだ?とは思ったけどもう要らないので中断。
まあ。とりあえずは、めでたしめでたし。でした。

解決!iTunesがダウンロードできない件

これは私に限らずよく聞く話なんだけど、WINだからかIEだからかのどっちかかなと思ってみるが、APPLE社のサイトの未だ解決しない問題点。

iTunesを立ち上げた時に、最新版がダウンロードできるとダイアログが出た場合「今すぐダウンロード」を選択してみると、別にそのプロセスでなくても行けるAPPLEのサイトのiTunesのダウンロードページが立ち上がる。
「iPod+iTunes」コーナー内の「ダウンロード」のコーナー。
http://www.apple.com/jp/itunes/download/
右側に黄色い解説欄、左側に水色の欄が表示される。

本来だと水色の部分に確か自分のメールアドレスを入れるボックス(多分)やダウンロード開始するボタンとかが表示されるはずなのだけど、水色の部分がただの水色なのね。
どう読み込み直しても水色の部分には何も現れない。
他国サイトで試しても結果は同じ。
これがよく聞く話。

最初にこの問題に直面した際は、ブラウザの設定を甘くしてみた(標準)。そしたら何てことなく解決。次のヴァージョンアップの際も、大丈夫だった。
ネットの片隅で「ファイヤウォールを解除しないとダウンロードできません」なんてアドバイスも見つけたけど、これは私の場合不要だった。
ところが今回はまたダメ。何やってもダメ。試しにファイヤウォール解除してもダメ。

それが、思わぬ良策を聞いたわよ。

そうそう。そうだった。iTunesというのは何故かQuickTimeとセットでダウンロードが始まるんだったわよ。だから、QuickTimeのダウンロードページでQuickTimeのダウンロードをしようとすれば、iTunesのダウンロードのダイアログも一緒に立ち上がるというわけよ。(もちろんIEでポップアップブロックしてるなら「ダウンロードを許可する」と)
http://www.apple.com/jp/quicktime/download/win.html
ここがそのページ。
ダウンロード開始のボタンのある欄の上部にはQuickTime 7 + iTunes for Windows 2000/XPの表記がはっきりある。

現在お困りの方はこれでお試しあれ。(あまりにも頻繁なiTunesのアップデート、次もこれで解決することを願うわ~。)

余談だけど「ダウンロード開始」ボタンで開くThankYouページ=ダウンロード開始ページ自体をブックマークして直接行こうとしても無駄みたい。「ダウンロード開始」のボタン押す時にメアド入力とか必要だからかな。

 | HOME | 





カコのおすすめポッドキャストが聴けるヨ!



Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

カコ

カコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。