カコログ!

絵師カコのiTunesと音楽中心メモ。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翳りゆく部屋

11月28日、私と恋人はファンと称する本当にどうでもいい人たちに
長い間翻弄された結果、
愛を失った。

それからというもの、なぜなんだか、めっちゃ運が向いてきた自分(爆)

どんどん友達はできるわ
誘いはかかるわ
皆が私を信じてくれる。
皆がニコニコしていてくれる。
何も知らない人から、全て知ってる人まで。
私ってなんて幸せ者だったんだろう、気付かなかった。

そして今日、やっと、
あの人ともう一度語り合うことができた、短かったけど。

そしてそして。

今度はミクシィでマイミクのiPod nano Pinkさんから
フリーダウンロードのコードをもらっちゃった!!!
「当選おめでとうございます」
って書いてあるから一応、当たったってことなのね。

コードをiTunesに入れてみると・・・・
わぁ!!
すごいじゃない!!
18日までの使用期限付きだけど、
150円または200円の曲を、3曲ダウンロードできるって!
やっぱりこれは、全員プレゼントとは思えないよね
ラッキーだったんだよね!!!うきうき!!

200円の曲って言うのは日本の曲は大抵そうだよね。
200円となるとちょっとケチになる心理があって、
今まで買ったことがある日本の曲は1曲くらいだったなぁ。

そう思って、前から欲しかった沢田研二をまずゲット。

幸せな曲は今はちょっと・・・
幸せなときもあったなぁとふと思う感じもキツイしな。
でも、別れの曲もどうかと思うね。
とはいえ辛い恋の想い出そのものの曲もどうかね。
だって、多分あの感覚はもう、忘れるぞ(笑)

と思いつつも、やっぱり思い出の曲にした。
だって、今日やっとはっきり別れられたようなものだから、
記念日だもんね。
記念に買ってiTunesにずっと入れておくのもいいわ。

沢田研二の「LOVE(抱きしめたい)」

さよなら、をえんえん繰り返す悲痛な歌だけど、
思えば最初からずっと、この曲がテーマソングの
光の見えない恋だった。




さて、二曲目は?どうします?
と思って最適なのを思い出した。
荒井由美の「翳りゆく部屋」
もうこれは大昔から大好きな曲で、
最近になって、カーペンターズに似た曲があると知り、
なんだそういうことかぁ、とちょっと気が抜けたものの、
いつかCDでも何でもいいから欲しかった曲。
これも別れの曲だけど、
いいんじゃないかな?

これが、すごくよかった、
今の私に。
それにやっぱり、この時代の曲って、国内外問わず
ドラマティックで胸がときめく何かがある。
歌詞よりこのコード進行!!!!
ヒッピーやサイケの時代のあの香りがする。


あの頃、私たちははじめて出会った。
まだおとぎの国みたいだった、キラキラの、原宿で。
彼は本当にきらめいていた。
街のスターだった。

私の大好きな、ヒッピーやサイケの時代の名残の
においがした。

私は彼の友達と恋をして
そうするうちに彼は街のスターから、皆のスターになって行き、
見も知らない女の子たちに私たちは邪魔されて
話をするのもこっそりじゃなきゃいけなくなって

私も誰かの彼女から、街のスターへと変わってゆき
それから20年の間に
何もかも
手に入れた。


そして2年2ヶ月前、貴方と再会した。
あの、原宿で。

雨が降っていたね。



今まで2年2ヶ月の間、一日も欠かさず
毎日たくさんメールくれて、ありがとう。
楽しかった。
幸せだったヨ。

建二。

どうか、幸せに。






スポンサーサイト

4HERO待望の新譜リリース決定!

やった
前作「Creating Patterns」で既存のファンの多くを失った4HERO(というのが掲示板など見ていたところの印象)でしたが、あれから実に6年の歳月を経て、来年早々まさかのニューアルバムのリリースとなるそうです

先行シングルは「Morning Child」これも来年早々の発売。
この曲は今、MySpaceMusicの4HEROのページで聴けます。
http://www.myspace.com/4hero


どうなのかな・・・なかなか4HEROらしい感動的なコード進行でよさそうだけど。。
とにかく私がどれだけ4HEROが大好きかは、このブログのURLでも判るところ。そう、「starchaser」の名は4HEROの「Star Chasers」から取ったもの。
早速HMVで、アルバムの限定盤のほう(限定盤と通常盤があるらしい)とシングルを予約いたしました
アマゾンより安いので。
しかも、今HMVではキャンペーン商品3枚を買うと割引になるとのことで、これらの新譜もキャンペーン該当商品だったので、もう一枚何か買うことに・・・
結局選んだのはピンクフロイドのDark Side of The Moon
渋く行きましたっ
やっぱり最近ハマってるのは70年代のサイケデリックな音。Dark Side of The Moonは大好きなのになぜか持っていなかったから、この機会にゲット。安いし(笑)
なかなかいい取り合わせのような気も・・・

でも、思えばこれでDark Side of The Moonも年明けまで聴けないことになるなん~待ち遠しい

仕切りなおし。

書くのをサボっているうちになんだか先の話題に飽きてしまったので、一旦仕切り直すことに。

そもそも、最近、いろんなことが仕切り直しである。
向こうはどう思っているのか知らないけれど、私はもう、見切りをつける部分にはつけたから、今までのようには下らない事で動じたりしないだろう。
自分があまりにも過小評価されていて、マボロシのような連中と同等の位置まで引き下げられてしまい悩んでいたところを、さらに仕組まれた冤罪によってより邪魔にされゴミクズのように扱われてしまうという、そういう精神的苦痛にこの一年間支配されてきたけれど、
そのマボロシのような連中が、ここに至ってやっと、
眼中になくなった。
そうすると、ゴミクズのように扱われているかどうかなんて、
よく判らなくなって、
イイ感じだ。

異常な環境下での愛情の維持や自覚は難しい。
だが、私には理性・知性という武器がある。
自分と闘う武器である


私を救った音楽は
Let The Sunshine In
誰でもどこかで一度は聴いたことがあると思う、名曲。
ベトナム戦争時代の反戦ミュージカルHAIRの劇中歌であり、5th DimensionがAquariousとのメドレーとしてリリースした曲だが、えんえんと繰り返す"Let The Sunshine, Let The Sunshine In, The Sunshine In"のフレーズは一度聴けば忘れ難い。

希望がことごとく打ち砕かれたかのように感じるとき、
夢という夢を奪い去るその争いに、その代償に、
何の意味も価値も見出せないことを思い知るとき
我々は、精神で、勝利するしかない。

心を開き、そこに光を。





さてLet The Sunshine Inという曲の話だが、
最近、ベテラン49ersがAnn-Marie Smithをフィーチャーし、
実にキャッチーでオーソドックスなハウスに仕立ててリリースしているので、ハウス好きは一度聴いてみては。
もしかしたら、イラクで戦死者を出し続けるアメリカの体制を批判してのリリースではないかと思うのは、考えすぎだろうか?なんて、まあそんなことはちょっと調べれば判るのだろうけど、
めんどくさい(爆)

名ピアニスト最後の録音

さて、続きです。
話がアルドノヴァに辿り着くまでにはまだまだ長いのであります。(辿り着くまでアルドノヴァとは何なのかみたいな話もおあずけっ)

ここで、さっきの記事で触れたUndiscovered Ibizaという今じゃ廃盤のコンピに再度注目。今回そうやってお気に入りCDとして取り上げようとして初めて廃盤になったことに気付いたワタクシは、このシリーズのどこからどこまでが廃盤なのか、と調べていくうちに、またまた、

自分が持っているものを聴くことに。

この行動の理由は、決まってるぢゃないですか、新しく買うCDなんか探さなくたって忘れてるのがあるでしょ久々にそれ聴けばいいじゃん!と自分に言い聞かせて買い物病を抑えるため、なのです。

と・こ・ろ・がだ。

Undiscovered Ibiza 2を久々に聴いたところ、これもまたなかなかイイ。う~んこの曲、いいなあ、何だ?
と、またワナにはまっちゃった。

Friedrich Gulda vs DJ Pippi
"Years Passing By"


DJ PippiとはこのシリーズのVol.3くらいまでの選曲をしてた人。だからこの曲はもしかしたら、このアルバムのための録音なのかも、とも思ったんだけど・・・

Friedrich Gulda(フリードリヒ・グルダ)とは、クラシックのピアニストでしかもかなりの名手であります。20世紀を代表するピアニストの一人という感じ。(詳しくはHMVのサイトにこんな評論が)
そんな人とイビサのDJがコラボするにあたって、果たしてたった一曲で終わるものだろうか・・・

Undiscovered Ibizaのスリーブを見ると、この曲のレーベルはO.M.M.SOUNDSとある。検索してみるとO.M.M.SOUNDSのサイトが見つかりました。しかしながらこの曲はシングルとしてリリースされたような記録はあるものの実際の物はどこにもない。。

そうこうするうちに、なななんと今年になってグルダとDJ Pippiの共作アルバムがリリースされていることを発見!

グルダは2000年に亡くなっています。このDJ Pippiとの共作が最後のレコーディングとなったのです。

運命!!運命だワ!!音探しの旅に出てみると時としてこのような素晴らしい出会いがあるのよね!!

ところが、ところが。

このCDがまあ、どこにもないのよね~(ーー;) オーストリアでリリースされたらしいんだけど、ドイツ語圏のサイトの情報しか見つけられず・・・
でも私はあきらめませんでしたっ。
恐らくクラシック通でグルダのファンでも知らないであろうこの音源。グルダが最後に挑戦したハウスミュージックへのアプローチ。

そして。
見つけたんですねぇ(感動)
「One In Stock(在庫1枚)」
このお店はDJ Pippiの名をNuzzo(本名)として「Gulda/Nuzzo」というアーティスト名で商品紹介をしてたのです。だから簡単には見つからなかった。
結局このショップもオーストリアのショップでしたが、ドル建てでの英語の取引が出来たのでした。

このCD、多少の日数がかかりましたが昨日出荷されたそうです。
楽しみ楽しみ(⌒-⌒)
届いたらまた記事にするのだ~ん!

しかしここからアルドノヴァにはまだ辿り着かないのであります。さらにつづく。

アルヴァノト~アルドノヴァ(ーー;)

どういうわけだかここ数日、音を巡ってネットで世界中をぐるぐるに旅してしまいました。
とある新設SNSに入ったのがきっかけ。そこでは自分のスペースにAmazon.co.jpで取り扱っている商品を自分のお気に入りの品として掲載できるというので、いろいろと手持ちのCDを検索してみたのだが、Amazonにないものがあまりにも多すぎた。。。
もしくは、知らぬ間に物凄いプレミアがついてたりする。
たとえばこれね、以前このブログでも紹介したCDなんだけど。

Undiscovered Ibiza, Vol. 3 Undiscovered Ibiza, Vol. 3
DJ Pippi (2001/06/11)
Undiscovered

この商品の詳細を見る


マーケットプレイスで35615円だって!!ありえない。。。

それからいろんなCDを見てるうちに、ハマってしまい・・・。

そのSNSはショップがやってるんだけど、ショップ内にCDショップもあって、そこで坂本龍一とAlva Notoのコラボシリーズ三作目が紹介されてるのを発見。
へえ・・・この程度にマニアックなもんも売ってるんだぁ・・。
と、思いながらレビューを読むと、

一作目のような聞き難さはない、とのこと。

これで一作目を無性に聴きたくなってきたのでありました。

そう。
何を隠そう、持ってるんだなこれ。
だけどもう持ってることも忘れるくらいに長い間、エクスペリメンタル系を聴いてなかった・・・。確かこのジャンルにしてはとってもポップだった気がするんだけれど・・・。

案の定、聴いてみると、これがまあ聴きやすいこと!どこが難解なんだかワカラン。これよりキャッチーでどうすんの。。これよりキャッチーなAlva Notoなんか買うんだったらハウスでも買ったほうがイイよ~。
と、いうよりは、他のAlva Noto買うかなぁせっかくだから。。。

とまあ、ここら辺からCD漁りの迷宮に迷い込んだというわけです。

長いから幾つかの記事に分けよう・・・続きはこのあと。。

模様替え。

突然、いっぱい書くことができてしまった。
それでテンプレートをまた変えようと思い立った次第・・・
前のはセンスはいいんだけど暗いし重いし・・・

と思ったけどその前の自分でカスタマイズしたヤツも画像が気に食わなかったから、ちょっと直した。

そして、あの頃はチンプンカンプンなままいじってたスタイルシートを軽くいじってライブドアアバターをページトップにはめ込んでみたり・・・。
これが意外とうまく行かなかった、NNで見るとなぜかアバタ画面が縦に二つ並んで出てきてしまう。アバターの下のいらんリンク(ライブドアがくっつけてるヤツ)が同じアバター画面に化けちゃってるみたい。
こいつはスタイルシートのせいではないと思われ。
めんどくさ~
NNで見ないでね。もうなおさないから~

新しい記事を書くのがほんとの目的なのに、まだやっと準備が出来たってとこ。
さて。この後、書きますよ~

最新iTunes7.0.1

今日iTunesを立ち上げたら、最新ヴァージョンにアップデートできるというお知らせダイアログボックスが出た。

ん~もう新ヴァージョン?こないだ7をダウンロードしたばっかりのような気がするが・・・ヴァージョンは7.0.1だとのこと。調べてみると今使ってるのは7.0.0だった。
で、さっそくダイアログボックスで、今すぐダウンロードするほうを選択してみた。

今回はダイレクトに米アップル社のサイト内のダウンロードページに繋がった!なので重要な部分が表示されないという問題もなく、サクッとダウンロード開始。。。

でも、どうなんだろう・・・現在私のiTunesはアメリカのアカウントでサインインしている状態だから、アメリカのサイトにダイレクトに飛べたんだろうか。日本のアカウントでサインインしている状態だと前と同じだろうか。

真夏の怖いポッドキャスト

暑い暑い暑い暑い
さて今日は、前々回(だっけ)に引き続き、おすすめトーク系ポッドキャストのお話。
季節にちなんで、恐怖心霊系のポッドキャストはいかが?

まずは定番、稲川淳二のトークが楽しめる、
MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談
上のタイトルをクリックすればiTunesが立ち上がり特集ページが開きますが、iTunesをお使いでない方は、コチラからどうぞ。Yahoo!ポッドキャストのコンテンツなので、ここからストリーミングで聴くことも、ダウンロードすることもできるみたい

もうひとつ。
こちらは所々で微妙にトーンの変わる女性の声がコワ~い怪奇心霊ポッドキャスト、
案内人の百物語★☆★不思議の国★☆★
エピソードごとに恐怖レベルの表示があり、目安になるかも・・・。
ウェブサイト(ブログ)はコチラです。

模様替え。

またまた一ヶ月以上経ってしまった
誰も何も変えられないままあっという間にもうすぐ7月かぁ・・・でもカコ自身は変えることできたなあ物凄く・・・

いい加減ここも模様替えしようと思って昨日やっとできた(前と違ってできあいのスキンだから大した作業じゃない)けど、なぜか今度のスキンは物凄く重いし、音ログがでてこない

そうそう。昨日じゃなかった一昨日は、久々にHMVで買い物
Defected Recordsの最新コンピで3枚組みの「For The Love of House」です何だか落ち込みがちな気分には、やっぱハウスですよハウスっ。しかも3枚組みでなんと1790円でした

For the Love of House For the Love of House
Various Artists (2006/05/01)
In the House

この商品の詳細を見る


そうだあと、スキン変えたらなぜか前に入れようとして失敗したRSSラジオがでてきたのでDefectedのポッドキャストなど入れてみました。MENUからポッドキャストを選んで、エピソードを選択すると聴けます(接続環境によっては凄く待つ)

三社祭にちなんで聴く。

いや~ずいぶん長い間ここの更新サボってしまいました
他にブログ作って盛り上がってたのと、あとこのブログのメインテーマであるiTunesでは最近ラジオしか聴いてなかったってのがあり・・・。
ということで、今回はひと味違う内容で書いてみましょ。

昨日は久々に観光気分で浅草の三社祭をチラッと見物

三社祭
見たのは二之宮。一之宮・二之宮・三之宮と三つの本社神輿があるので三社祭なわけだな。

この大柄な芸者さんは浅草地元の舞踊家で宗山流の宗家・胡蝶さん(♂)だそうな。
宗山流宗家・胡蝶&浅草芸者さんたち


で、三社祭のことを他のブログに書こうとして調べるうち、こんなポッドキャストを発見したのだ
江戸東京人セミナー ちょい文化(カル)オヤジの裏話 (←詳細ページ)

浅草の中屋さんというお祭用品のお店がプロデュースしてるのデス。
現在聞ける最新のエピソードはまだ第一回だそうで、4月末に配信されてるんだけど、三社祭と神田祭のこととか話してます。真面目な内容です。真面目なだけに、途中で紹介される「サンサンと三社」とかいう、ラップと称する曲、なんか面白かったよん
30分前後とポッドキャストとしては結構長くて、東京の文化とか興味があれば、なかなか盛りだくさんな聞き応えのある内容

 | HOME |  »





カコのおすすめポッドキャストが聴けるヨ!



Calendar

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

カコ

カコ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。